レーザー脱毛への発達

脱毛ということも、今では市民権を得て、誰でもするものになってきました。
すでに女性だけではなく、男性でもヒゲの脱毛を行ったりする人が増え、誰でも行うものになってきているのも、普及の後押しになってきているといえるでしょう。

脱毛といっても、さまざまな種類があります。
以前であれば、ワックスを使って物理的に脱毛する方法がありましたし、薬品を使い科学的に除去する方法もありました。
様々な方法が生まれてきましたが、そこには痛みという障害があったものです。
脱毛の字のごとく、毛を抜いたり除去したりするわけですから、どうしても痛みが付きまといます。
除毛剤などであれば、脱毛の痛みはありませんが、その分皮膚に掛ける負担が高く、あとから腫れてしまったりすることもあったのです。

痛みという障害の中から開発され生まれてきたのが、レーザー脱毛です。
メラニン色素のみに反応して熱を発する特性を使い、毛根部分に存在するメラニン色素を破壊し、毛根そのものから壊してしまうのがレーザー脱毛の特徴となっています。
熱を使うため、痛みも肌の負担もあったのですが、普及と共に進化し、ダメージを最小限に落としながら効果的な脱毛ができるようになったのです。
今では、ほとんど痛みも感じず、行っていくことができるようになりました。
レーザー脱毛に使う機材も、実にさまざまです。
医療用に使われる機材ですが、それぞれ違いがありますので、脱毛を行う際の参考にしてみてはいかがでしょうか。


<特選外部リンク>
食品医薬品局許可の最新アレキサンドライトレーザーという最新機器を使ったレーザー脱毛を行ってくれる札幌の脱毛クリニックです => 脱毛 札幌

Copyright © 2014 レーザー脱毛の種類 All Rights Reserved.